利用案内
 アクア東条の魅力

 周辺地域に棲むコイ科の魚やナマズ、ドンコなど、約40種類の淡水魚類を飼育、展示している。 大水槽に泳ぐコイは、いくら見ていても飽きることがない。小さな水槽に泳ぐ魚たちの姿は、見る者の心に安らぎを与えてくれる。しかも、多種類の淡水魚が生きたまま展示されているので、魚の生態を観察するのに絶好である。

 昔はこの辺りにたくさんいたが、今ではもう見られなくなってしまった魚もいる。それらが「どうしていなくなったのか」を考え合えば、環境学習ができる。

 また、カメに触れるコーナーもあり、子どもたちには大人気である。時期によって、ザリガニ釣りも楽しめる。

 バルコニーからは東条湖が一望できる。もともとここは深い谷であり、土井集落751人が農業を営んでいた。戦後まもなく国営農業水利事業として、鴨川ダムの建設が始まり、立ち退きを余儀なくされた。そして、昭和26年(1951)に農林省が手がけた最初のコンクリートダム「鴨川ダム」が完成した。完成した人造湖は土地の名前から「東条湖」と命名された。1957年(昭和32年)にはダム・東条湖周辺が、西国三十三観音霊場第25番札所である清水寺とともに、清水東条湖県立自然公園に指定された。その湖面には、レジャーボートが浮かび、釣り人が糸を垂れている。

  加東市の地場産業の一つである「釣り針」製造の工程を記したものや、各種釣り針も展示されている。


入館案内


休館日/毎週木曜日・年末年始12月29日~1月3日
開館時間/9:30~17:30(10~2月は10:00~16:00)
入館無料